抑と躁が交互に現れる病気|双極性障害について知ろう【単極性のうつとは異なる傾向】

双極性障害について知ろう【単極性のうつとは異なる傾向】

抑と躁が交互に現れる病気

ハート

どのように治療するのか

双極性障害とは、抑の状態と躁の状態が交互にあらわれる精神病です。抑の状態は主にうつ病と世間で知られている症状そのもので、落ち込みや自尊心の低下し、ため息が多くでるなどのようなマイナス思考を繰り返す状態です。躁の状態はその逆といえるもので、気分が高まって話が止まらなくなり、興奮状態から眠れなくなることもあるほか、意味なく動き回るなど活動的な状態です。その2つの状態が交互にあらわれ、自分で制御することができません。生活や仕事などに支障をきたすこともあり、症状の強さによっては病院で治療が必要になります。病院では主に心療内科や精神科で診察していきます。もし病院で治療せずに放置してしまえば、徐々に躁状態が弱くなり、抑状態が強くなってしまうことがあります。そして行動的なところも強くなり、抑状態から引き起こす最悪な状態を招く可能性が高くなります。最悪な状態となることを避けるためにも病院での治療が必要となります。双極性障害はどのように治療していくのか、病院で診てもらう人の中には不安を覚える人もいます。そのため、事前にどのような治療法を行っていくのか医師に説明を求めるのも良い方法です。双極性障害の主な治療法は、薬物療法、心理療法があります。薬物療法では気分安定薬や抗精神病薬を服用していきますが、患者の症状によって処方される薬も変わっていくこともあります。心理療法では認知療法やカウンセリングを行いながら、思考の働きの活性化、そのほかマイナス思考の修正を行って治療していきます。双極性障害を治療していくために大事なのは、病院選びです。しかし心療内科や精神科は、どのような病院が評判の良いところとなるのかよくわからないという人はたくさんいます。医師によっては双極性障害とうつ病を誤診してしまうこともあり、病院選びは本当に大切なこととなります。では誤診されないようにするためにもどのように病院を選べば良いのか、その選び方はいろいろとあります。まずは行ってみようと思う病院をいくつかピックアップし、インターネットでその病院のホームページにアクセスします。そしてその意思のプロフィールを調べし、どの大学を卒業し、どのような活動をしているのかを載せていることを確認することです。とくに精神科は経験が浅い人でも精神科医として活動することができることもあり、どのような大学を出てどのような活動をしているのかを載せていない場合は要注意といわれています。総合病院の中にある精神科や心療内科では、医師の名前だけを載せている場合があります。そのときはその医師の名前を検索し、調べることでどのような大学を卒業したのかが出てくることもあります。そのほかの病院の選び方では、病院の口コミサイトで調べる方法もあります。実際に病院で診てもらった人が、病院内の環境やどのような医師だったのかをコメントで載せていることがあります。そのコメントを参考にし、評判が良いのか悪いのかを判断して選ぶこともできます。気をつけなければいけないのは、ろくに話を聞かない医師や、とにかく説明をせずに薬を処方する医師の病院は避けたほうが良いといわれているので、その点を注意しながら選ぶのが望ましいです。

Copyright© 2018 双極性障害について知ろう【単極性のうつとは異なる傾向】 All Rights Reserved.